癌 薬

 
 
 
 
骨 癌 転移
癌 死亡率
癌 十二指腸
がん 告知
胃癌 ガイドライン
癌 薬
癌 医療保険
がん 終身保険
 
 
 
 
   
 
 
末期
胃癌 食事
ほくろ
乳癌 骨転移
胃がん 初期症状
細胞
進行
肺癌 転移
 
 
 

癌の薬を用いる治療方法は、「化学療法」とい
うものです。
使用することによって、がんの細胞を破壊して
しまうということになります。

ただ、化学療法は「諸刃の剣」ともいうべきも
のです。
残念ながら癌の薬の中で、健康な通常の細胞に
損傷を与えることなくがんの細胞だけを破壊す
ることができるというものはありません。

通常の細胞にも多かれ少なかれダメージを与え
てしまうのです。
そのため、よくいわれるさまざまな副作用が生
じることになります。

また、あらゆる種類のがんに対して化学療法が
効果を発揮するということもありません。
がんの種類や進行の度合いによって使用する薬
の種類や量もさまざまになります。

代表的な治療法である放射線療法、外科手術な
どと組み合わせた治療が行われるということも
あります。
化学療法の新しいスタイルとして、「高用量化
学療法」という治療も見られるようになりまし
た。

その名のとおり、癌の薬を大量に使用して治療
を進めるというものですが、当然それだけ患者
さんの危険も増すことになります。
通常の化学療法を実施した上で良い治療効果が
得られていたにもかかわらず再発が起こってし
まったというケースにおいて行われるもので、
薬剤の投与量を増やすことによってがん細胞を
多く破壊し、延命に結びつけるということにな
ります。

ただ、療法を用いることによって、骨髄は多大
な損傷を受けることになります。
そのため、同時に骨髄を自家移植した上で治療
が実施されるということになります。

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済癌治療に効果的な食事法

 
 
癌 薬