癌 診断

 
 
 
 
大腸癌 転移
原因
腎臓
腹水
 
 
 
 
   
 
 
ステージ
放射線治療 乳癌
胃癌病院
名医 肺癌
癌 食事
胃癌 再発
 
 
 

癌と診断するには、検査を繰り返し、そして診察を
行って、癌の大きさや進行状況、臓器への広がり
方で癌の分類を明確にしていきます。
検査には癌であるかの可能性を調べるための検査に、
スクリーニング検査という方法があります。

このスクリーニング検査とは、癌があるか、癌がないか
を調べるものですから、この検査を受ける時には、
まだ病状が現れない段階で行われるのが一般的です。
乳癌のマンモグラフィや、子宮頸癌のパパニコロー検査
などが、それにあたります。

この検査結果は、決定的なものではなく、その後に行う
診察や検査によって、癌の診断を確定します。
そのほかにも、癌の診断を行うための検査は、いろいろなものがあります。

腹部超音波検査もそのひとつで、超音波で様子を見るもので、
一般的にエコーと呼ばれる検査です。
肝臓がんなどの検査に用いられることが多く、
また患者に負担のかからない検査です。

しかし、腹部超音波検査は患者の体型や、検査を行う
人の技術により差が出る場合もあります。
現在、最新の画像診断装置にPETがあります。

解像度が、他の画像診断装置よりも優れており
画像が鮮明なため、発見率が20倍から50倍も高いのが特徴です。
横になっているだけで受けられる検査のため
患者の負担はほとんどありません。

ただし、全ての癌に対して発見率が高いわけではなく、
胃癌や腎癌などPETが不向きなものもあります。
また、一度の検査にかかる費用も10万円ほどと高額なため、
気軽に受けられる検査でないのが残念なところです。

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済癌治療に効果的な食事法

 
 
癌 診断