癌 保険

 
 
 
 
末期
胃癌 症状
 
 
 
 
   
 
 
ガン 骨
ステージ
進行
ガン 甲状腺
 
 
 

癌に特化した保険として癌保険というものがあります。これは、癌
と診断された時や入院した時に支払われる保険です。癌は、不治の
病ではなくなったものの、治療のためには高額な医療費、長期の入
院費用、入院時の収入保障等が必要になります。また、退院後も再
発や転移の可能性への不安もあるため、正確な医療費の算出は困難
であるといわざるを得ません。

このような、癌に対しての費用面の不安を少しでも軽くすることが
できるのが癌保険です。癌保険は、補償を癌だけに特定しているの
で、包括的な医療保険料よりも保険料は安くすみます。また、多く
の医療保険には入院給付金支払日数に制限があるのに対し、癌保険
の入院給付金支払日数は無制限です。少ない保険金で高額を保障で
きるが、癌保険の特徴の一つです。

一方、通常の保険は、申し込み・審査・初回の保険料の支払いが完
了した日から保障の効力が発しますが、癌保険は契約が成立してか
ら定められた日数が経過してからしか保障の効力が発生せず、言い
換えるとこの期間中に癌が発見されると癌保険は無効になってしま
います。

また、癌保険の種類によって保障の種類が異なります。給付金など
「定額タイプ」、医療費のほぼ全額をまかなうことの出来る「実損
てん補タイプ」、手術費用の保障が充実しているタイプ、通院費用
の保障が充実しているタイプ、再発時に何度でも診断給付金が受け
取れるタイプ、健康保険の効かない高度な最新医療の費用も保障す
るタイプなど、癌の発症種類に併せて豊富なバリエーションがあり
ます。保障と保険料は比例する関係にあるので、癌の知識を正しく
得たうえで選択することが必要です。

≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済癌治療に効果的な食事法

 
 
癌 保険